白髪染めを使う前にやっておかなければいけないことがあった!それは・・・

白髪染めをを使う前にやっておかないといけないことって?

市販の白髪染めを使う場合は取扱説明書を見ると書かれてあるのですがパッチテストを推奨しています。

 

パッチテストというのは実際に使ってみてアレルギー反応が出るか出ないか?というのを確認して使わないと、頭皮に直接つけて使った場合、頭皮があれたり、赤くなっったり、痛くなったりする可能性があります。

 

そういったことがあるものなので使う前にはパッチテストを推奨しているそうです。

 

私の場合はやったことなかったし、テストするぐらい危ないの?とちょっとびっくりでした。

 

 

パッチテストのやり方

パッチテスト

パッチテストのやり方は簡単で、二の腕の内側や太ももの内側、皮膚の薄い部分に白髪染めの液体を10円玉ぐらいの大きさに延ばして放置するだけ。

 

その状態で24〜48時間放置してアレルギー反応が出るか出ないかを確認するだけです。

 

ちょっと放置時間が長いので塗っても落ちてしまうかもと思う場合はバンドエイドなどで上から蓋をしておけば大丈夫。

 

アレルギー反応が強い人は塗って1時間もすれば塗った部分が赤く腫れたり痒くなってきます。

 

その場合は皮膚科の先生と相談して使うかどうかを決めればいいそうです。

 

 

 

白髪染めトリートメントもパッチテストは必要か?

パッチテスト

身体に安全なものしか使っていないのでパッチテストを剃る必要はないのでは?と思ってしまうトリートメントタイプの白髪染めですが、これもいろんな販売メーカーさんに聞いてみたところ、『出来ればパッチテストはやってほしい』そうです。

 

 

からだに害のある薬品は使っていないが、人によってはエビアレルギー・卵アレルギー・そばアレルギーといった身体に悪い物ではなくてもアレルギー反応が出ることがあるので念には念を押して、確認のためにやって欲しいということでした。

 

基本的には問題無さそうですがメーカーさんのやさしさって感じですね。