!男性用白髪染めはハゲるって本当なのか?

白髪染めはハゲる?

薄毛

白髪染めを使っていたらハゲる、薄毛になるという話はありますが、あれって本当にそうなるんでしょうか?

 

もしハゲる可能性があるなら使いたいとはあまり思いません。

 

実際に白髪染めを使うとハゲる、または薄毛の原因になりやすいのか?ということを徹底的に調べてみました。

 

 

 

化学薬品によって薄毛になる可能性がある白髪染め

薬品

化学薬品入りの白髪染めにはからだに悪いと言われている成分が入っているのですが、この成分は最初に頭皮を刺激します。

 

市販で販売されている白髪染めを使うと頭皮はヒリヒリするし、髪はバッサバッサになったと言う経験はないでしょうか?

 

この頭皮がヒリヒリするというのは、頭皮にダメージを与えているということになるのですが、この時に私たちのからだは「毒が入りにくくしよう」として頭皮の皮膚を硬くしていきます。

 

皮膚が柔らかいと薬品が皮膚を通過して体内に入る経皮毒になりやすい、そして毛穴からも化学薬品が入ってくるので毒素を入れないようにと毛穴を小さくするようになります。

 

もちろん、1回ですぐに硬くなって毛穴も閉じるということはないそうですが、何年、何十年と使っていると確実にダメージは蓄積してきます。

 

毛穴が小さくなったら髪は育ちにくくなるし頭皮が硬くなるとこれも同じように髪が育ちにくいです。

 

薄毛の原因は毛穴が閉じてしまうことと頭皮が硬くなってしまうことに関係しているので白髪染めを使うと薄毛の原因になる可能性は0ではないようですね。

 

こういうことがわかると市販の白髪染めを使うのはちょっと考えものです。

 

 

 

薄毛にならない白髪染めはあるのか?

 

白髪染めを使っても薄毛にならないというタイプのものはあるのか?というと、白髪染めトリートメントなら問題はないようです。

 

なぜなら、白髪染めトリートメントには頭皮や髪、からだに悪いと言われいている化学薬品が入っていないからです。

 

今は髪がフサフサでも長い間白髪染めを使っていくと薄毛になる原因の可能性があると思うとトリートメントタイプのほうが良さそうです。