白髪になる原因って何?

白髪になってしまう原因は?

白髪になる原因は遺伝や年齢というのが一般的ですがそういった理由以外にもいろんな原因があります。

 

白髪の直接的な原因が遺伝や年齢だったとしても他の原因の心あたりがある場合はそれを改善することによって白髪の生えてくるスピードや量が変わることもあるので、チェックしてみて心あたりがあるなら改善してみると症状がよくなる可能性があります。

 

 

 

改善できる白髪の原因

 

病気

病気

病気が原因で白髪になる場合はかなり重度の症状が先に現れるのでまず白髪になる前にわかるのですが、尋常性白斑という病気だけはなかなか気づかない病気です。

 

肌の1部分が白っぽくなると言う病気で、痛みも痒みもありません。身体全体に拡散する可能性があるのでもし体全体に拡散したら身体が白くなります。

 

尋常性白斑が頭皮に拡散した場合は頭皮白くなりそのまま髪も白くなってしまうということになる病気です。

 

薬の副作用

薬

抗癌剤などのかなり重い病気の場合は強い薬を使うので副作用として白髪になってしまう場合があります。

 

つかうことをやめればそのまま白髪が治るようになるのでこれは仕方ないのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

生活習慣

生活習慣

食生活や睡眠不足などによって栄養が偏ってしまたり、体力が回復するまで睡眠をとってない生活が続くと白髪が生えてくるということがあります。

 

この乱れが白髪の原因の場合はバランスの取れた食事と十分な睡眠をとることによって白髪が改善されることが多いです。

 

 

 

 

 

ストレス

ストレス

勉強や仕事によって重度のストレスを感じている場合は白髪が生えるということはよくあることです。

 

ストレスで円形脱毛症になったと言う人がいる話は聞いたことがあると思いますがそれと同じような症状です。

 

ストレスの原因を取り除いてやれば自然に白髪は治ってきます。

 

 

 

 

 

 

治らない白髪の原因

 

加齢

加齢

う〜ん、これはもう仕方ないです。

 

男性は平均してだいたい35歳前後から白髪が生えてくるというデータがあります。

 

加齢によって白髪が生えてくることは自然なことなので仕方ない・・・としか言えないですね。

 

 

 

 

遺伝

遺伝

遺伝の場合も治すことができません。

 

遺伝が原因という科学的な根拠はまだ解明されてないそうですが、家族や親族で白髪が生えてくることが早かった人がいる場合は自分も早く生えてきたというデータはあるので遺伝で白髪になるというのは解明されてないけどそういう事実はあると考えられているそうです。

 

 

 

 

 

 

遺伝や加齢ではない場合は白髪は治すことが出来る可能性が高いものです。
もし、原因が他にありそうだと思うならためしてみるといい結果になる可能性は高いですよ。