注意!男性用白髪染めは危険です。

男性用の白髪染めは危険なのか?

危険

市販で販売されている男性用の白髪染め、1回使えば綺麗に染まるし便利なのですが、身体にとってとても悪い成分が入っているのを知って使っている人はあまりいません。

 

ウソだ!と思うなら白髪染め危険性などで検索すればすぐにわかることなんですが、本当に危険な成分が大量に入っています。

 

 

なぜ白髪染めを使うと頭皮がピリピリするのか?

 

なぜ使うと髪がキシキシになるのか?

 

 

これって白髪染めを使ったら当然のことなんですが、普通に考えて安全ならなんで頭皮と髪が痛むのか?

 

冷静に考えればなんかおかしな話ですよね。

 

 

なぜ危険なのか具体的に説明します。

 

 

 

危険なのは身体に悪い化学薬品が入っているから!

危険

1回使えば綺麗に染まるし楽ちんな市販の白髪染めですが染まりやすい理由に、

 

  • ジアミン系化学薬品
  • アミノフェノール系化学薬品
  • 過酸化水素水
  • レゾルシン

 

などの毒性が高いと言われている成分が入っています。

 

市販の白髪染めを使っているのであれば内容成分を見れば必ずどこかにこの成分が入っているはずです。

 

危険と言われる化学薬品、どういう悪影響があるのか?

ジアミン系化学薬品

発がん性がある化学薬品として知られている成分です。すでに北欧のフィンランドでは1991年に一般仕様を禁止しているぐらい危ない成分、もちろん他の国々も使用中止している国は増えてきています。
発がん性以外にもあやまって誤飲したり吸引したりすると、気管支炎、鼻炎、結膜炎、肝臓障害などの危険性がある成分です。
ジアミンだけでなく「アミン」と語尾に付くものは同じ効果があると言われています。

 

過酸化水素水

オキシドールに使われていたり、コンタクトレンズの洗浄剤に使われている成分ですが、この過酸化水素水は発がん性があるというのを厚生相が断言しています。
1980年に厚生相が公式発表で「発がん性が認められたので使用不可」としています。
しかし、その翌年の1981年には再度過酸化水素水の使用を認めたという少し変わった化学薬品なのです。
使用を認めた理由は、過酸化水素水を分解する酵素を使って分解し、分解した過酸化水素水を亜硫酸で中和すれば問題なく使えるという理由です。
1980年まではいろいろな食べ物に使われていた過酸化水素水ですが、それ以降は厚生相が問題ないと通達していても自主規制で食品メーカーは使うことをやめています。
厚生相が言うように、分解していれば問題ないのかもしれないですが、あの髪のバサバサ感と、頭皮の痛みを考えれば本当に分解されているのか?疑問は残ります。

 

アミフェノール系化学薬品、レゾルシン等

ウサギやラットを使った動物実験では、皮膚炎、気管支喘息を引き起こすというのが実験報告としてわかっている成分です。
日本接触皮膚炎学会にてアレルギーを引き起こす化学物質であると正式に認められています。

 

 

特に悪いと言われている白髪染めの成分をピックアップしてみましたがこれだけ身体に悪いと言われる成分が入っています。

 

手軽に使えるし簡単に染まるので市販の白髪染めは便利ですが健康面や安全面を考えるなら危険と言わざるを得ない化学薬品が入っています。

 

使ってすぐに何か身体に害があるとは言えませんが(頭皮や髪にはすぐに現れますね。)長年使っていくと考えてみれば使っていいのか?と考えてしまいますね。